文豪が愛した湯

一度は泊まりたい伊香保の温泉宿

万葉集にもその名が登場し、明治時代以降は徳富蘆花、竹久夢二、夏目漱石、野口雨情、萩原朔太郎など多くの文豪に愛された伊香保温泉。名湯を巡り、温泉まんじゅうを食べながら石段街を散策。文豪達が愛したその理由は、自身の五感で確かめてみてください。